コレステロールが高いと言われている卵ですが、実は体に良い美容成分をバランスよく含んでいるという話

コレステロール値を下げる美容成分ガイド

コレステロール値を下げる美容成分ガイド

コレステロールが高いと言われる卵には美容成分がたくさん

コレステロール値を下げる美容成分ガイド
卵と聞くと、栄養価が高くコレステロールも高いイメージですが、卵のコレステロールは良質で、また卵には体に良い美容成分がたくさん含まれています。
良質なコレステロールは女性ホルモンの材料になります。
ですから、卵のコレステロールは気にせず、毎日一つは食べたいものです。

コレステロールが高いといつも思われている卵ですが、実は卵にはコレステロールを下げる成分が含まれています。
卵の黄身には約250グラムのコレステロールが含まれていますが、健康であれば血中のコレステロールを下げる機能が働くためあまり気にすることはありません。また、卵白に含まれているアミノ酸シスチン、黄身に含まれている脂肪酸のレシチンは悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。
そして、私たちの体はほとんどがタンパク質でできていますが、卵はそのたんぱく質を作るアミノ酸をバランスよく含んでいます。
そのうえ、良質なたんぱく質だけでなく、ビタミン、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルも豊富に含んでいます。
それだけでも優れ物の卵ですが、ダイエットをするうえで欠かせない新陳代謝をあげる成分のバイオチンが含まれています。

卵は、コレステロールが高いということで、接種することを控える人もいるようですが、むしろ体に必要なものばかりを含んでいます。
体を作る良質なたんぱく質やダイエットに効果的な成分を含んていますので、すすんで食事に取り入れたい一つです。
だからと言って一日に何個もとるのはよくありません、なんでもそうですが適度に取り入れていくことが大切です。

話題の美容成分についての話は深く知るならココでチェックしてみてください。